WORKS

映像制作

受賞歴を持つ映像クリエイターが企画~完成まで安心のトータルサポート。
ご予算もぜひご相談ください。

ALL自社制作により低価格を実現、ご予算内での制作も可能です。
CM制作
テレビCM、インターネットCM、動画広告 etc...

プロモーション用映像制作(PV、VP)
会社案内、学校案内、商品PR、展示会、入会案内、イベント etc...

Web用・モバイル用映像制作
YouTube、Android、iPhone、iPad etc...

イメージ映像
ファッションショー、イベント、アート、インスタレーション etc...

ショートムービー制作
短編映画、Web用ショートストーリー etc...

世界の映画祭で培った企画力、演出力。

プロデュース、ディレクション

「このカットはこう撮らなければならない」、「このシーンの次はこのように展開するのがセオリーだ」などといった固定観念こそが、面白い映像、インパクトのある映像を創る上での障害になります。ビジネス用の映像であれ、こう創らなきゃいけないといった決まりはありません。固定観念を捨て去った先に、新しい表現域があり、それが観る者全ての目と意識を引き寄せ、感動を与える映像があると信じています。QOOVでは、海外映画祭に多数の受賞経験を持つ映像作家が直接サポートさせていただきます。退屈や閉塞感を打破するお手伝い。それがQOOVのディレクションです。

4K、HD、ドローン、航空撮影、海外ロケ等あらゆるニーズに対応します。
撮影でまず最初に決めるのが、ニーズに応じたカメラのチョイスです。よく、巨大なバズーカ砲のようなビデオカメラをイメージされる方がいらっしゃいますが、技術の進んだ今日では、小型で高性能なカメラへと進化しています。昔は写真しか撮れなかった一眼レフカメラでCM用の動画を撮ったりもします。QOOVでは、「見かけだけ立派で実際には小型カメラと画質は変わらない」、「この案件に対しては明らかオーバースペックだ」など、技術側でしかわからないような部分もお客様にお伝えし、最適なスペックのカメラをチョイス、適正なお値段のご提案を心がけています。また、航空撮影、遠方ロケ、海外ロケなど、あらゆるニーズにも持ち前の機動力で最大限ご対応いたします。

2D・3DCG、モーショングラフィックス、アニメーション等圧倒的なクオリティーでご提供します。もちろん全て自社制作です。

2D・3DCG、モーショングラフィックス、アニメーション

QOOVでは、独自に培ったCG制作システムとノウハウを持ち、自社で映像編集を行なっています。圧倒的な高品質、圧倒的な低価格を実現しています。全編3DCGアニメーションといった制作も可能です。低予算の映像でも、オープニングにちょっとしたCGを入れるだけで、俄然インパクトが強まったりもします。QOOVでは、お客様のご予算とニーズに応じて、最大限映像をアップグレードするご提案をさせていただき、高品質な映像をご提供いたします。他社では決してマネの出来ない品質と価格を、是非お確かめください。

数々の海外映画祭で鍛えた実写編集テクニック
QOOVでは、映像編集の基本中の基本、実写編集も得意としており、海外映画祭での受賞作品は全てノンCGの実写作品です。ただ繋ぐだけではありません。映像における“緩急”を大切にし、綿密に計算された演出力とセンスで観る者全てを魅了します。

3D CADデータの映像利用が可能です。リアルな動作と質感を3DCGアニメーションで再現。

3D CADデータの映像利用

昨今のプロダクトデザインは3D CADで設計されることがほとんどですが、そのデータは映像との親和性も高く、クオリティーの高い映像品質で、設計アイテムのアニメーション化が可能です。QOOVではIGES、STEP、SAT、VDAFS、OpenNURBS等の3D CADフォーマットに対応し、リアルな動作や質感を再現。映像表現を徹底追求しています。

制作案件例


デザイン

視覚に訴えかけるもの全て、デザインで成り立っています。
見た目の重要性。
QOOVではブランディングという観点を注視しながら、効果を最大限発揮するデザインのご提案をいたします。

デザインの良し悪しで、結果・成果は大きく異なります。
QOOV流の斬新なデザインは、あらゆる停滞感を打破します。

グラフィックデザイン
ロゴデザイン、パッケージデザイン、カタログデザイン、チラシデザイン、ポスターデザイン etc...

Webデザイン(ホームページ制作)

プロダクトデザイン

展示会ブースデザイン

ロゴデザイン、パッケージデザイン、カタログデザイン、チラシデザイン、ポスターデザイン等、幅広いジャンルに対応。
ただパーツを並べただけの無機質なデザインではなく、パワーを込めたQOOVのデザインを是非ご体感ください。

海外のWebデザインアワードにて受賞歴多数。ブランド力向上に焦点を置き、リッチなサイト作りを心がけています。最新のレスポンシブサイト、オンラインショッピングにも対応。

制作実績一例

Angel Jujyu様
http://www.angel-jujyu.co.jp/

ニッショク株式会社様
http://www.nisshoku-g.jp/

ジャパンリアルティスーパービジョン株式会社様
http://www.jrs24.co.jp/

日本のプロダクトは、正直つまらないです。
自動車、インテリア、道具、家電製品、ガジェット等、あらゆるジャンルに対応。
開発プロジェクトチームにアドバイザーとしての参加も可能です。
QOOVのイマジネーションは革命を起こします。

ブランド力に視点を置き、スタイリッシュなブースを構築。
ご予算に対応し、最大限の来客数をお約束します。
デザインから施工、撤収まで全てお任せください。


ブランディング

ブランド力=企業力、商品力。
オリジナリティを強化し、アドバンテージを高めます。

QOOVパワーでアップグレード!

  • 今までの実績やノウハウ、歴史、強みなどを元に、ブランド戦略によって企業価値を高めたい。
  • シェアが伸びないが、どこに問題があるのか見極めてほしい。
  • 商品・サービスのディレクションをしてほしい。
  • ブランド化し、強みのある商品やサービスに育てたい。
  • 現在提供中の商品やサービスがあるが、セールスが思わしくないのでリブランディングしたい。
  • ライバル企業に圧倒的な差を付けたい。
  • 商品の販売促進方法を相談したい。
  • 独自の文化や産業をPRし、地域を活性化させたい。
  • 地域を象徴するような産物を開発したい。
  • オリジナルキャラクターを開発したい。
などといったご要望に、画期的でインパクトのあるQOOV流のご提案をいたします。

非凡なイマジネーション!
現状を変えなければいけない。停滞感、閉塞感を打破したい。ライバル企業に勝ちたい。でもどうすれば良いか、いくら会議を重ねても画期的アイデアが出てこない…。
ご心配は不要です。客観的視点からだけでなく、自信や情熱、強みや歴史など、主観的視点から深く分析。綿密な分析力と溢れる発想力の融合がQOOVのイマジネーションです。

ユーザーの意見?気にしない!競合他社?気にしない!
ユーザーとは、商品やサービスを消費してくれるありがたい存在ですが、そこに開発のヒントを求めようとするのは間違いです。誰もが想像できる、平坦なものしか生み出せないからです。また、既に販売を行っている競合他社が大抵の場合は存在すると思いますが、他社の動向を気にしていても亜流レベルを上下する程度で、大した進歩は得られないでしょう。QOOVでは、今の自社には何を生み出せるか、何が足りないのか、何をアップグレードすればよいか、内省の作業をしつつ、何を生み出したいのか、何なら絶対負けないのか、何なら一般人を驚かすことができるのか、アウトプットのパワーを増幅させることのほうが重要だと考えています。そこにユーザーはライフスタイルを変えてでもついてくるのです。

商品を売るのに営業力は不要!
セールス状況が芳しくない、どんな手を打っても横ばいにしかならない。といった状況の場合、営業力の弱さが原因であると考えたりはしていませんでしょうか?本当に営業マンが無能なのですか?商品を売るのに営業力などほぼ不要というのがQOOV流の考え方です。商品力が高ければ、自ずとセールスは伸びていくものです。言い換えれば、商品力が低いモノを、どんなスーパー営業マンを投入しようと、莫大な費用をかけてプロモーションしようと、決して売れはしないということです。

その大人数の会議で、何か良い成果が出ましたか?
ボトムアップ型の組織はチームワークを大切にし、みんなでゴールを目指す、とてもポジティブなイメージがありますが、実際のところ、何か画期的なクリエーションが生まれたことって少なくないですか?なぜなら、せっかく尖っている部分を、みんなの意見や声の大きい人の意見で丸くする作業をしてしまっているからなのです。否、そもそも尖ったアイデアを発言できる雰囲気になっていないと言ったほうが正確かもしれません。10人、15人、20人、しかめっ面を突き合わせている光景は滑稽にすら思えます。頭数が多ければ安心感でもあるのでしょうか?丸くまとまった80点レベルの商品やサービスでは、圧倒的なパワーが備わっておらず、時代を築くことなどできません。ガンにしかならない老害も外すべきでしょう。感性とは、決してキャリアで磨かれるものではありません。創造者になりうる人材はどこの組織でもごく僅かしか存在しません。必要なのは、その人材の見極めと決断と勇気。QOOVでは、少人数、トップダウン型の開発を推奨しています。100人の凡人より、1人の奇人です。

もちろんシェアNo.1です!
他に何がありますでしょうか?今まで数々の会社、多くの人と面談をしましたが、意外と皆様謙虚な方が多くいらっしゃることに驚かされます。口ではNo.1宣言をされる方もいらっしゃいますが、心底1番になれることを信じて微塵もそれを疑わず、一直線に邁進されているような方はごく僅かです。そんなに困難なことなのでしょうか?自ら高い壁の幻影を見て怯んでいるだけではないですか?

ブランド力を高める重要性!
商品やサービス、企業価値を“ブランド”という観点から掘り起こし、お客様における期待と信頼を得るためにはどのようなアップグレードが必要か。独自の分析力とイマジネーションで鋭くご提案いたします。過剰なマーケティング、大規模なアンケート調査等という、お客様に媚びる方向性はQOOVでは推奨しません。安直に"共感"を求めるのではなく、もっと自信を持った強い提案、良い意味でお客様の期待を裏切る、斬新で自信溢れるアピールこそがブランド力です。見る者全てを"驚嘆"させるパワー。それこそがQOOVのブランディングです。